THE LAST COPをHULUで見た感想!!

THE LAST COPをHULUで見た感想!! Huluドラマ

<あらすじです>

30年前とある事件で爆発に巻き込まれた刑事「京極浩介(唐沢寿明)」は昏睡状態に陥る。30年後の2015年、病室で突如目覚める。目の前の世界は30年前から世界はすっかり変わり果て、愛する妻はかつての後輩「鈴木 誠(宮川一朗太)」と再婚し、見た目も50歳、娘「結衣(佐々木希)」はすでにアラサーとなってしまった。

なんとか横浜署に復帰するも草食系刑事「望月亮太(窪田正孝)」とコンビを組むことなり、波乱万丈の事件解決へと進んでいく!今まで数々のピンチを切り抜けてきた京極にも勝てないものがあった。あまりに無茶をしすぎたため身体が限界を超え、医者からも死を宣告される。

なんとか相棒の亮太に最後に自分の生き様を残そう京極は考えるが、そんな時に人工知能「コスモス」を悪用した大事件が起こる。研究者西園寺が部下の藤崎に裏切られ「コスモス」を奪われた。藤崎はこの人工知能で世界を滅ぼすとして日本中を恐怖に陥れる。

映画のみどころ 感想

プライド高いエリート松浦がなんと厨二たっぷりな武器を使用します。今まで、ETの自転車, アイアンマンのグローブなど、いろいろ普通の刑事アクションからぶっ飛んだアイテムがでてきますがとうとう松浦までもがプライドを捨てて使用。LAST COPってアクションがわざとすぎるとか、演技が雑とかって評判もあったりするんですが、僕はそれが逆に味を引き立たせてくれてると思ってるので日本のドラマですごい好きな番組でした!

これで終わりかぁってなるとちょっと寂しい気持ちもあったりしますが、唐沢寿明と窪田正孝のコンビはかなり好きだったのでまた別の場所でも共演してほしいなと思います!動画配信サイトHulu初のオリジナルドラマで、2016年10月期には日本テレビにて連続ドラマ化された作品です。

連続ドラマは未見でして、チャンネル合わせても1分くらいで切り換えた気がします。ドラマは完全オリジナルかと思いましたら、元々はドイツの人気刑事ドラマ『DER LETZTE BULLE』(英題:THE LAST COP)のリメイクだそうで、本国ではシーズン5まで作られ、フランスでもリメイクされた高コンテンツのようです。日本では連続ドラマ版の平均視聴率が8.3%で、同じように2016年7月期の連続ドラマから映画化された「神の舌を持つ男」の平均視聴率5.6%よりよかったんですが、映画化となると疑問符が付きます。

「神の舌を持つ男」の場合はドラマを見ていたので映画化は無謀だろうと思ったのですが、映画版のプロモーションでは低視聴率だったのを自虐にしていて、観る気も無かったんですが、結局観に行きましてその時の感想がこちらです。映画は冒頭から軍隊並みに重装備したテロリストたちに、京極(唐沢)、望月(窪田)、松浦(藤木)、若山(竹内)が素手で立ち向かうところから始まります。

荒唐無稽なアクションにチープなCGで描かれ全く面白くないのですが、これは神奈川県警本部長(小日向)の肝煎りで制作した県警PR動画だと分かります。横浜中央署の面々はこれを見ながら、やれ撮影に30日間要しただの、その間は捜査に支障をきたしただのと、ダラダラと下らないおしゃべりが続きますが、これは警察の中でも不祥事が多い神奈川県警を皮肉ってるんでしょうか?続いて映画版のゲスト、西園寺博士(加藤)、藤崎(吉沢)、ふなっしー、ブナッシー(声:出川)が登場し、西園寺博士が研究している人工知能を横浜中央署に試験的に導入することになります。

人工知能ブナッシーが常駐するので、よく喋るんですが、映画に来てまで出川さんの声聞きたくありません。

それで、刑事ドラマなので、事件が起こると思いきや、何も起こりません。ずーっと、何かくだらないギャグをやってて面白くもなんともありません。私がハイテンション系のギャグが苦手なせいもあると思いますが、特に何かのパロディになってる訳でもないので、どこが面白いのかが全く分からず、10秒に1回は「なんだ、このクソ映画は」という思考で頭の中は埋め尽くされてました105分の映画なので600回以上はそう思ってたことになります。

1時間くらい経ってやっと事件が起こります。

西園寺博士の助手の藤崎が裏切って、人工知能で世界征服をしようとします。
そこに不死身の体と思われた京極に余命幾ばくもない病気が判明し、娘(佐々木)と望月を結婚させようという話が絡んできます。映画はメタ構造になってたり、第四の壁を突破して観客に話しかけたりしてくるんですが、ドイツ版のオリジナルもそうなんですかね?

Huluで確認しようとしたら、オリジナル版は消されてて確認できなかったのですが、そうでなかったとしたら、30年間昏睡(オリジナルは20年間)っていう設定が同じだけでドラマとしては全く別物ですよね。上映中、望月が「あーもう早く家帰りてぇなぁ」と言うのですが、ドラマ版ではお約束のようですが、そんなの知らないから、観ているこっちが早く帰りたいです。

それで上記メタ構造があったり第四の壁を突破してたりするんですが、泣きのシーンでは大熱演な訳ですよ。特に窪田さん、作品の質に見合わないっていうくらい大熱演の泣きの演技なんですけど、どういうテンションで観ればいいか分からないんですね。
脚本的に言っても死ぬ死ぬって言ってて死なない訳で、死ぬ死ぬ詐欺なんですが、あの設定であれだけの泣きの演技が出来る窪田さんは凄いと思います。

本当に全編、内輪ノリのようでいて内輪ノリにすらなっていないギャグやアクションに終始していて観るに堪えなかったのですが、あれが幼稚園児の学芸会なら微笑ましく観れるのですが、一流の役者陣集めて何やらせてるんだろうと思います。俳優は基本、役を頂くという待ちの立場なので罪は無いと思うのですが、これを企画した上層部は一体何を考えてるんだと思います。

こんなくだらない映画で280館も占領して、他にかけたい映画だってあるでしょうし、上映したくても出来ない映画だってたくさんある訳で、そういう映画の芽も摘んでるかもしれない訳で関係者は猛省してほしいと思います。Huluで始めたんならHuluでやれよと思います。いや、ゴールデンウィーク明けの五月病じゃないですけど、観てるとうつ状態になって死にたくなりましたよ

コメント

タイトルとURLをコピーしました